公開日: |最終更新日時:

エクステリア・外構工事の費用について

エクステリア・外構工事にかかる費用についてまとめています。

外構に必要な費用相場

住宅全体の10%(100~300万円)が相場

庭全体を対象にエクステリア・外構工事を行う場合、費用の大まかな目安としては住宅本体のおよそ10%。100~300万円ほどかけている人が多いです。もちろん広さにもよりますが、覚えておくと役立つでしょう。

参考:外構工事.pro(https://www.kg-concierge.jp/gaikou/gaikou_guide/useful-information/exterior-construction/546.html

部分別費用相場一覧

門周り 15万~30万円
玄関アプローチ 10万~15万円
塀囲い 50万~100万円
フェンス 40万~60万円
ガレージ・カーポート・駐車場 50万~100万円
50万円~
参考:外構工事.pro(https://www.kg-concierge.jp/gaikou/gaikou_guide/useful-information/exterior-construction/546.html

差がつくのはどこ?施工費用を抑える方法

外構の種類を工夫する

外構は設置する要素やフェンスの高さなどで、大きく以下3種類に分けることができます。種類によってかかる費用の相場が変わってくるため、種類を見直すことで費用を抑えられるケースがあります。できるだけ費用を抑えたいなら、オープン外構を選ぶのが一番です。

  • クローズ外構:200万~300万円程度

高さのある塀・フェンスを設置して、敷地の中と外を完全に区別するような外構パターンです。外から中が見えないため、防犯性の向上やプライバシー保護に役立ちます。庭をぐるっと塀で囲うため、かかる費用は高くなります。

  • オープン外構:100万~150万円程度

フェンスなどは設置せず、隣接する道との区切りをあまりつけないタイプの外構です。解放感があるのが特徴で、設置する要素が他種類よりも少なくなるため、費用が抑えやすくなっています。

  • セミクローズ外構:150万~250万円

クローズ外構とオープン外構の良いとこどりをしたタイプ。部分的に塀を設置し、区切られた空間と開放的な空間を両立できます。費用もちょうど2つの種類の中間て程度になります。

参考:ハピすむ(https://hapisumu.jp/reform-30823/

DIYできるところは自分で対応する

日頃からよくDIYを行っている人であれば、自分で出来る部分はDIYして費用を抑える手段もあります。花壇を設置したり、砂利を敷いたりする程度なら、自分で対応するのも良いかもしれません。ただ、自治体によってエクステリアに規制がかけられている可能性もあるため「建築協定」は確認しておくようにしましょう。どうしてもプロとの差は出てしまうので、最終手段として考えておくのをおすすめします。

シンプルなデザインにする

当然のことですが、カーボードや門柱、アプローチにウッドデッキなど、要素を盛り込めば盛り込むほど必要な費用は高くなっていきます。デザインが複雑になるほど材料費が必要になり、人の手が増えれば人件費がかかるので工事費も膨れ上がります。費用を抑えるコツは、デザインをできるだけシンプルにすること。例えば、門柱にだけこだわって残りの部分はオープン外構で広々した空間を設けたり、敷地部分に利用する素材やメーカーを1種類に統一するだけでも変わってきます。

専門業者に頼む

エクステリアプランナーのように、エクステリア・外構工事への専門的な知識を持つエクステリア専門会社に依頼することで、費用を抑えられる可能性があります。例えば大手ハウスメーカーだと、エクステリア工事は専門にしていないので、どうしても違う業者の職人やデザインナーに外注することになり、余計なマージンコストがかかります。さらに、何人もの人を介してやりとりを進めていくため、伝達に時間がかかり、時間がかかった分コストが増えてしまうことも。同じコストでも、自社内で対応でき、幅広い知見から提案をくれるエクステリア専門会社のほうが、同じ予算内でも出来ることが多くなります。

まとめ

エクステリア・外構工事の費用相場は100~300万円。デザインの調整やDIYの対応でも費用の調整はできますが、コスパを考えるならまずはエクステリアに関する専門的な知識を持つエクステリアプランナーの資格保持者が在籍・対応してくれる専門会社に依頼するのがおすすめです。実現したい要望に対して幅広い提案をしてくれます。また、ある程度の目安料金が記載されている会社だと、より安心して依頼できるでしょう。

柔軟に要望を叶えるエクステリアプランナー在籍宇治市のエクステリア専門会社3選

株式会社和

由緒ある造園店仕込みの
仕込みの上品な庭
株式会社和の施工事例
引用元:株式会社和(https://nagomi-kyo-to.com/blog/462/)
フェンス取付 900円~/m
※材料別
カーポート取付
(1台分)
36,000円~
/セット※材料別
門扉取付
(片開き)
14,000円~
/セット※材料別
芝貼り 1,600円~/m2

※費用は全て税抜

京都の造園店で10年間修行を積んだエクステリアプランナーによる、ミリ単位までこだわる細やかな施工が魅力です。建物の世界観や風土を損なわないトータルプランニングで、宇治らしい上品な庭を提供しています。

株式会社庭雅

愛犬と暮らす
開放空間
 株式会社庭雅の施工事例
引用元:株式会社庭雅(https://garden-elegance.jp/works/599)
フェンス取付 3,900円~/m
※材料別
カーポート取付
(1台分)
157,869円~
門扉取付
(片開き)
16,500円~
芝貼り 2,420円~/m2

※費用は全て税込

愛犬と飼い主の両方が過ごしやすい空間を目指したエクステリア工事の実績を多く持つ庭雅。地面に敷くチップや芝には熱のこもりにくい素材を使用するなど、ペットも春夏秋冬快適に過ごせる工夫がされています。

株式会社そとや工房

子どもたちがはしゃげる
わんぱくガーデン
そとや工房の施工事例
引用元:株式会社そとや工房(https://sotoya.jp/?p=41893)
フェンス取付 要問い
合わせ
カーポート取付
(1台分)
要問い
合わせ
門扉取付
(片開き)
要問い
合わせ
芝貼り 要問い
合わせ

自社内で家庭用遊具の販売も行っており、子どもたちと遊びまわれる庭づくりに強みを持っています。鉄棒やブランコ、すべり台があったり、小さい子でも走り回れる広い芝生のある楽しい庭を叶えてくれます。

※当サイトで紹介している宇治市対応のエクステリア会社15社のうち、公式サイトで「エクステリアプランナー」の在籍が確認できた会社をピックアップしています。(2020年10月調査時点)

※当サイトでは、「エクステリアプランナー」が在籍している会社=エクステリア専門会社という定義をしています。